自分だけの印鑑

実印、銀行印、認印、って3種類もあるの?

印鑑のイラスト

シャチハタではない、朱肉が必要な印鑑。社会人になれば、なにかと必要な場面があるものです。あらかじめ揃えておくと慌てなくて済みます。さて、その印鑑ですが、大きく分けて3種類あります。
1つ目は「実印」。印面の大きさが15~18mmの、最もフォーマルな印鑑です。印鑑証明をとったり、婚姻届に押印したりと、公式の場で使うことが多いのも、この印鑑です。名字だけの場合もありますが、姓名ともに彫られているのが一般的です。
2つ目は「銀行印」。印面の大きさが12~15mmの印鑑です。銀行口座を作るときに必要ですよね。この銀行印と通帳があれば、お金の引き出しができる場合があるので、管理が非常に重要な印鑑です。
3つ目は「認印」。印面の大きさが10~13mmの細い印鑑です。サイン代わりに使われることが多いことから、最も使用頻度が高く、それだけに耐久性が求められます。
1種類では駄目なのか、というと、そんなことはないでしょう。実印一本で十分通用します。ですが、3種類に分けておくのは、安全面からいっても妥当だと思います。いくら公式の場で押す印鑑でも、それが銀行印だと、少々気持ち悪いものです。
公式の印鑑というのは、どこかで人の目に触れる機会があるものですから。前にも書いたように、銀行印と通帳が揃えば、お金を引出sこともできるのです。同じ理由で、認印と実印が共通というのも、やめたほうがいいと思います。

実印について私の思うこと

通帳

実印は、私の大事な時、重要な時にだけ使っています。自分で選んで作りましたが、本当に重宝しています。人はどう使ってるかわかりませんが、私は、実印と普通の印鑑と二つ持っています。今ではサインも増えてきましたが、やっぱり、重要な時は実印が必要ですよね。それを若いうちはわからないかもしれませんが、成人して、結婚し…

実印を買うタイミング

印

実印を買うタイミングが分からないという人はいると思います。やはり実印というのは、どのようなタイミングで買うのが有益なのかということを知っておくべきなのです。まず実印を買うタイミングとして考えられるのは、今使っている実印が使い物にならなくなった時でしょう。やはり実印というのは良く使うので、印鑑の部分が欠けてきたり、…

TOP